2013年3月12日火曜日

知事、市長選関連について

秋田県知事選、秋田市長選を間近に控え、聞かれる点について、誤解のないよう、いくつかここに書かせていただきます。

【秋田県知事選】
佐竹氏の事務所開きへ、民主党を含む市議が行った報道について。
ご案内はありましたが、私は行っていません。

【秋田市長選】
今朝の魁新聞、寺田学氏立候補を検討について。
民主党を離党してとのことでしたので、ご本人の判断にお任せします。
個人的には、国で頑張って欲しい方だと思っています。
参議院選の比例代表で、記名投票狙いで、国会議員に戻って欲しいというのが私の願いです。
比例の投票、候補者名を記名しても良いこと、意外に皆さん知らないのです。

もし、誰かが穂積市長との選挙を戦うとすれば、

○家庭ごみの有料化を廃止します。
○除排雪を完璧に行います。
○新庁舎建設を中止します。
○泉・外旭川新駅は作りません。
○震災がれきの受け入れを中止します。
○イオンタウン構想を支持します。
○中国、南寧市の出店を中止します。
○なかいちのにぎわい創出事業への助成はしません。

これくらい言えば争点になるでしょうか。
これは私の意見ではなく、選挙を戦うにあたっての例えばの話です。この中で私が賛同できるのは2.5項目です。

16日(土)穂積市長の事務所開きがあります。
これは秋田市議会で、ともに秋田市を良くしようと働いている立場として、参加予定です。

このブログを書きながら、昨年9月から震災がれきの受け入れをしていますが、経過が気になり、環境部に確認しました。空間線量の異常値もなく、また、野田村のがれきの処理状況も予定よりも進んでおり、今年2月からは受け入れ量が少し減っているとのことでした。
被災地の復興はまだ続きますが、少しでも早まるよう秋田市も協力したいと思います。