2013年5月3日金曜日

憲法改正、一票の格差について(その1)

憲法改正に注目が集まり、初めて迎える憲法記念日。珍しく、国政、県政について書きたいと思います。
今までは、党に所属する身として、党の意見に合せ、また国政、県政については国会議員、県議に礼を尽くそうと思ってきたので、正直意見が違っていても黙認してきました。

例えば、消費税増税。私は増税について、場合によっては仕方ないかもしれないが、それが消費税で良いのか疑問がありました。しかし、押し切るような形で消費税を上げることに。そして今、物価を上げると総理が言っていますが、消費税が上がるんだから物価が上がるのは当然。それよりも人々の収入や企業の利益が増えるのかが見えないそんな状況を作り出すきっかけになってしまったのではないか?民主党に足りないのは、先を見通す目、マネジメント能力だと思います。

さて、憲法改正について。無所属のいち地方議員としての意見を。

96条(憲法改正手続き)について。
96条をじっくりみましたが、96条のどこを変える必要があるのかがわからなかった。現状でも9条を変えることはできる。96条どおりに9条を変えるくらいのハードルがなければ9条は変えてはならないと思う。
9条を変える前提の96条改正に私は反対です。

9条(平和と安全保障)について。
9条を見ると、現状と実際が違うことがわかる。なぜなら自衛隊が存在しているから。では、実際に合わせて9条を改正するのか?実際にあわせたら、自衛隊が危険任務に向かうことになる。それを戦争を好まない女性の立場で許すことができるのか?
もし、さらに平和へ向けた内容に変える、例えば永世中立国になるなどなら改正することに賛成できるかもしれない。
しかし、現政権の向かう先は違う。よって、今9条改正に私は反対です。

90条(会計)について
あまり話題になっていないが、維新の石原代表が90条改正について言っていたので。
90条、これは地方議員にとっても同じ思いがあります。
この憲法は「決算報告を国会に提出」するだけで、判断は国会ではできないという意味。昨年、秋田市において、決算特別委員をさせてもらいましたが、その時に決算について質問することはできても拒否することができない、なんとも言い難い歯がゆさがありました。当局は「議決はなくても、意見は次の予算案に反映されるので決算委員会は重要」と言っていますが、決算も議決権があるくらい税金の使い方に重みをもたせるべきではないか。
よって、90条の改正に私は賛成です。

一票の格差について

国会における一票の格差が違憲判決。
議会は世の中の縮図になるのが理想と考えます。今は地域だけの割合ですが、老若男女のバランス、格差のある立場などいろいろな人が議会で議論して政治を進められる状況がいいと思います。その上でそのバランスを取るのが、比例代表だと思います。党は国会を世の中の縮図とするよう、国会に不足している立場の人を候補として立てるべきだと思います。しかし、現状は人気を取れる人だったり、党の調整だったりしているように見えてなりません。一票の格差。現状は人口で配分しています。人権を尊重する意味で合理的だと思います。しかし、過疎地域の声が届きにくくなる。そのような不都合を是正するのが比例代表ではないでしょうか。

さて、秋田県議会。由利本荘市と秋田市が議席を1減らすとのこと。県議会における一票の格差とはなんなのだろうか。由利本荘市は人口減に合わせ、同じ理屈では大仙のはずが、人口減少を先取りして秋田市とのこと。秋田市民はそれを許しても良いのだろうか?
そう思い、前回の県議会選挙の当選者の得票数を比べて見ると、一番低い得票数で当選しているのは約6000票で秋田市。人口が多い地域は投票率が低くなる傾向があるがそのためか?議員に対する期待が薄いということなのだろうか。

同じ視点で秋田市議会議員は2500票くらいが当落線で、お隣の大仙市議会議員は1000票が当落線。私が前住んでいた東京都中央区議会議員は800票が当落線。

国と地方政治は仕組みが違うので一緒にすることはできないが、選挙の枠組み、仕組みは引き続き議論されるべきだと思います。そして、議員が自分達の選挙について決めるのは難しいので、外部の目を入れる必要があると思います。
県議会の定数削減にあたり、議会運営委員会で強引に多数決で決めるのではなく、県民の声を聞くプロセスが必要だったのでは?との感想を持ちました。