2014年9月29日月曜日

「田園vs街中」秋の5kmウォーキング企画対決。

2週続けてウォーキングイベントに参加しました。
どちらも古い時代を巡るウォーキングですが、田園vs街中と正反対。

左は金足、右は千秋公園、青線ルートはだいたいのイメージ
ルートも一直線とグルグル。このイベントどっちが楽しい?

「金足田園ウォーキング」9/20(土) 参加者58人、参加費800円?



油谷これくしょん入口にて

寄贈された「油谷これくしょん」が旧金足東小学校で展示されています。江戸時代から昭和まで、実に様々な物が・・・。
油谷これくしょんの油谷さんもいらしていて、今は秋田市にお住まいなのだとか。

当初このこれくしょんについて、秋田市民でない個人から寄贈を市で受け入れ、税金を使って整理保管することが果たして妥当なのか、教育産業委員として悩みましたが、賛成しました。
そんなこともあり、その後の状況を確認するためにも今回参加しました。
緊急雇用対策で雇用したこともあり、きちんと分類整理されていました。

ウォーキングは58名が参加され、2班に分かれて、油谷これくしょんと、三浦館での説明を聞きました。

黄金の田んぼを眺めながら、真っ直ぐ歩く。
飽きるかと思ったのですが、写真を撮ったり、話をしながら歩いているとそんなに単調には感じませんでした。むしろ短いくらいの印象。
それにしても、良い日を選んだものです。
いい天気に稲刈り直前の田。なのに、新米のだまこ鍋!



三浦館
三浦館」はいつも見学できるわけではないので貴重です。
茅葺のお屋敷がすごい。これは一見の価値ありです。

遠野よりすごい。
遠野との違いは物語がないということでしょうか。

それにしても、黒川油田の恩恵なのでしょう。立派です。

三浦家に曾祖叔母が嫁いでいるそうなのですが、写真パネルの着物姿、おばあちゃんに似てるけど確証もなく「ちゃんと先祖の話を聞いておかないとダメだなぁ」と反省しました。
そんなこともあり、私はとても興味深く見てきました。



旧金足東小学校では地域の皆さんがだまこ鍋をふるまってくれました。
一緒に行った中学からの親友とその娘さんも「美味しかった」と。詳細も話さずに誘っちゃったので、良かった。
たまに子どもと話をしないと今の子感覚がわからないので、友人のお子さんをたまに私の活動に巻き込んでいます。

地域の方々が集まってサポートしてくれるのはとても嬉しい。おかわりもいただき、満足でした。
そして、いつもあまり伺わない地域に行くと、地域の雰囲気の違いが感じられて新鮮でした。
このプラン、観光化しても人気があるのではないしょうか?新米シーズンは特に。




温故知新「与次郎ウォーク」 9/27(土) 参加者約300人、参加費200円。

今は無い楢山与次郎稲荷神社
昨年も参加した与次郎ウォーク。今年は約300人の参加だそう。すごい人気です。
スポーツ議連の4名で今年は参加。

秋田市の中心市街地まちづくりイベント支援事業として、350,000円が出ています。その分パンフレットが立派です。スポンサーも。

ラジオ体操の後、エリアなかいちを出発し千秋公園周辺を5km。
昨年とは違うコース。昨年参加した時は楢山の与次郎稲荷神社を回りましたが、その後取り壊されることになるとは・・・参加しておいて良かったと思いました。

今年は日頃通る道が多かったためか、ちょっと新鮮味に欠けました。これは住む地域にもよるでしょう。

人数が多いので、解説を聞くタイミングを逸したりすると、なんでここ歩いているのかな?ということになったり。家に帰ってからじっくりと案内を見て分かったりと。事前配布、あるいは事前にHP等で見られるようになっていると良かったかもしれません。

1時間半ほどで5km完歩。


どちらも、良い天気に恵まれたウォーキングでした。
是非とも続けて欲しいイベントです。

田園vs街中、この二つのウォーキングイベント、今年は金足田園ウォーキングが私は楽しかった。なんと言っても新米のだまこ鍋は秋田県民のソウルフードのようなもの。来年も期待!