2015年3月28日土曜日

地域の皆さんの生活を感じるために歩く

ポスティングをしながら地域を回っていると、いろいろなことを考えます。

銀行員として外回りをしていた時は、家の外からその中の人を感じることができませんでした。お取引内容がわかって訪問しているので、外から中を想像する必要がなかったからかもしれません。

建築会社に入り、ポスティングをしながら一軒一軒見て歩くと、どこのハウスメーカーで建てたのか?工法は?ドアノブはどこの?そろそろ建て替え?何人家族?と様々なことに思いめぐらせながら回っていました。
建築会社の広報としてお客さんを訪問すると、「銀行さんが来たかと思った」とよく言われました。銀行員の雰囲気が残っていたのでしょう(^_^;)安心感を持ってもらえるのは嬉しいです。
金融、広告、建築、消費財といろいろな仕事の経験は今の仕事に役だっていると思っています。

4年前の選挙で地域を同じく回った時と比較しながら、地域の皆さんがどのように生活しているのか想像しながら歩いています。
空き家になっていたり、新しい家になっていたり、ベビーカーが置いてあったり・・・

「市民生活の向上」はどんなところに現れるのか?
どうすれば良くなるのか?

そんな問いかけを自分自身にしながら歩いています。

私の家と随分と離れた道端で、小学生の女の子が「こんにちは!」と元気に声をかけてくれました。嬉しい気持ちで元気をもらいました。

この子が大人になった時はこの地域はどうなっているのか?
それは私たちの責任だ。

今日は天気も良くポスティング日和でした。そして秋田をどうしていくべきなのか生活に近い部分で考える時間でした。

来週からは県議会議員選挙が始まり、その後は市議会議員選挙。
4/26の投票日まで1カ月をきってしまいました。本当はのんびりポスティングしている時期じゃないぞ!なのですが、地域を歩くのは基本なので歩きます。