2016年6月17日金曜日

8回目の一般質問を行います。

6月20日(月)3人目に一般質問を行います。
時間は2時半頃になると予想されます。


以下の10のテーマで21項目に渡り質問します。

傍聴は新庁舎5階に受付がありますのでそちらへ。予約等無しに自由に傍聴いただけます。

インターネット中継、ケーブルテレビで配信を行っています。

1 歴代市長の思いから続く市政の今後の方向性について
2 新庁舎の開庁に伴う新たな市民サービス等について
3 県・市連携文化施設の整備について
4 地域防災への取り組みについて
5 園芸作物の重点品目について
6 本市の景観向上について 
7 親しみやすい選挙への取り組みについて
8 子供たちにものづくりの楽しさを伝える取り組みについて
9 指定管理者制度について
10  高齢者の自動車運転について



1 歴代市長の思いから続く市政の今後の方向性について

(1) 本市を表現するイメージキャラクターをつくり、県内のキャラクターを巻き込んだイベントの開催などを検討してはどうか

(2) プロスポーツが活発になることにより、市民のスポーツ活動が影響を受けることがないよう、スポーツ施設の再整備が必要と思うがどうか

(3) 地域住民が取り組んでいるホタルの生息環境を保全する活動に対する本市の取り組みはどうか

(4) 秋田市文化振興助成事業のうち学術助成の申請が近年は少ないことから、内容をわかりやすく周知すべきと考えるがどうか

(5) 秋田市民憲章推進協議会が市民憲章に係る事業を実施しているが、財源の確保に苦慮していることから、補助制度を見直す考えはないか

(6) 市民の斎場使用料を無料としてきたが、全国的に見直しがされていることから、再考すべきではないか

 

2 新庁舎の開庁に伴う新たな市民サービス等について

  (1) 新庁舎への移転に伴い職員に負荷がかかっていることから、通常業務に支障を来さないよう、代休等の取得などにより、心身のリフレッシュを積極的に促すべきと考えるがどうか

(2) 新庁舎への移転を契機に、ホームページを閲覧しやすいようリニューアルすべきではないか


(3) 新庁舎への来庁目的は多様であり、今後も見込んだ以上に来庁者がふえ駐車場の混雑が予測されることから、取りやめた地下駐車場を再検討する考えはないか

 

3 県・市連携文化施設の整備について

(1) 駐車場確保の手法の一つとして、秋田駅東口周辺の駐車場との連携を検討してはどうか

 

4 地域防災への取り組みについて

(1) 消防団員の増員に向けた取り組みはどうか、また、消防団員の入団年齢制限を緩和する考えはないか

(2) 災害発生時における消防団と自主防災組織のそれぞれの役割は何か、また、災害弱者に対する協力体制はとれているのか

 

5 園芸作物の重点品目について

(1) ふるさと雇用再生臨時対策基金事業を利用した「秋田七野」について、キャラクター等は現在活用しているのか 

(2) 園芸作物の重点品目の販売量及び販売額は増加しているのか

(3) ダリアなど、県外で評価の高いものは多様な販路の拡大に取り組み、ホウレンソウなどの野菜は地産地消の拡大を目指すなど、重点品目ごとに目標を絞って戦略的な事業を行うべきと考えるがどうか

 

6 本市の景観向上について 

(1) 無電柱化を積極的に推進すべきと考えるが、本市における電線共同溝整備事業の現状と課題、今後の取り組みはどうか

 

7 親しみやすい選挙への取り組みについて

(1) 選挙公報の掲載文に写真の掲載を認めてはどうか

(2) 秋田公立美術大学附属高等学院で行った出前授業の内容及び生徒の反応はどうか


8 子供たちにものづくりの楽しさを伝える取り組みについて

  (1) 本市で活躍するものづくりの技術を持つ方々による催しを、小中学生に周知してはどうか

 
9 指定管理者制度について

(1) 指定管理者制度を導入している施設について、サービスの提供などの市民満足度をどのように把握し、どのように評価しているのか、また、評価結果及び評価後の指導はどうか


10 高齢者の自動車運転について

(1) 高齢ドライバーの交通事故防止策として、ドライブレコーダーの貸し出しや軽度認知障がいなどの方が運転する危険性の啓発を行ってはどうか
http://www.akitashigikai.jp/live/