2016年6月3日金曜日

行政のキャラクターの役割は?



行政発のキャラクターの成功事例といえば、「くまモン」が思い浮かぶが、くまモン誕生のH22より前に、秋田市では各部局でキャラクターを使ってきた。

議会議事録によると、H15年当時の佐竹市長がゴミ減量について「ごみ減量のイメージキャラクターの公募や市民向けの啓発冊子の作成などに取り組んではおりますが、残念ながらまだ十分な成果としてあらわれていない」と語っていることから、その頃から困ったことはキャラクターに手伝ってもらうという体制ができたのではないか。
その後、ざっと数えて秋田市所属のキャラクターは8の部署で働いている。

市民の皆さんになじみがあるのはいくつだろうか?着ぐるみがあるものが多く、イベントなどで姿をみる機会も多いと思うが、ゼイキッズに至っては実写版のCMもあるのには驚いた。

くまモンとの大きな違いは、県外に広くアピールするものではなく、市民へ向けた啓発や参加意識の向上という部分が強いところ。


「なんで秋田市のキャラクターはないのか?」素朴な疑問。


このモヤモヤとしたキャラクターについてへの思いは6/20の一般質問で聞いてみたいと思う。
以下にキャラクターについて整理してみた。

企画財政部(市民税課)
○税のイメージキャラクター「ゼイキッズ
http://www.city.akita.akita.jp/city/fn/pt/news.htm#zeikyara小中学生をはじめとする全ての市民が、親しみやすいキャラクターを通して、税の仕組みや使い道、その目的を「考える」きっかけを作り、市の基本となる税に対する理解をより深めてもらうための「税のイメージキャラクター」。

H18から登場か?
実写版のCMあり



http://www.city.akita.akita.jp/ciTy/ed/ac/20_akimaro/default.htm観光文化スポーツ部(文化振興課)
○「秋麻呂」くん

秋麻呂(あきまろ)くんは秋田県秋田市にある史跡秋田城跡のマスコットです。
秋田城は奈良時代から平安時代にかけて日本海側北部の政治・軍事・文化の中心となっていた役所で、最北の古代城柵としても知られています。
その秋田城に都からやってきた貴族の若者が秋麻呂くんです。「麻呂」は当時の貴族や役人などによくつけられていた名前です。

着ぐるみ有り



観光文化スポーツ部(スポーツ振興課)
http://www.city.akita.akita.jp/city/ed/sp/supomaru/supomaru.htm○「スポまる
はずむスポーツ都市マスコットキャラクターは、子どもをはじめ多くの市民がスポーツに興味・関心をもち、スポーツに親しんでもらえるよう秋田市と(財)秋田市体育協会が共同で作成。

◎キャラクターの名称は、秋田市内の小中学生の生徒を対象に各学校へ募集を行い、346作品の応募の中から、秋田市立泉小学校の1年生がつけてくれた「スポまる」に決定。

着ぐるみ有り

観光文化スポーツ部(大森山動物園)

大森山動物園のイメージキャラクター「オモリン
住んでる場所
大森山のてっぺん
(みんなの声を聞いて大森山のてっぺんからやってきた)
特徴
大森山の主で、子供が大好き。
大森山動物園のみんなに会うと、ついつい抱きしめたくなる。
とても物知り。
着ぐるみ有り



市民生活部( 男女共生・女性会議推進室)
 ○「テッテ
テッテは、様々なイベントや行事、事業パンフレット等に登場し、市民のみなさんと一緒に絆づくりをします。
 いつも人と人とのつながりを大切に、絆をはぐくみ、つむぐ力となって活躍し、人の心をなごませ、癒やします。

【行動パターン】
 人と人との絆が薄れ、失なわれそうになった時に現れ、心と心の結び役となり、絆を再生してくれます。
 再生後、気がついた時にはもう消えていなくなってしまいます。

着ぐるみ有り


http://www.city.akita.akita.jp/city/copr/kizuna/tette/default.htm環境部
○ごみ減量イメージキャラクター「エコア」ちゃん

秋田市の森の奥で平和に暮らしていたブナの妖精。
体のかたちはAKITAの「A」、
頭の上の葉っぱは市民のごみ減量意識の芽生えを表しています。
名前はエコロジーとアキタを組み合わせたものです。

着ぐるみ有り



産業振興部(産業企画課)
秋田七野
市では、県の「ふるさと雇用再生臨時対策基金事業」を活用し、市が推進する七つの野菜を中心に販売を促進する農プロジェクト「秋田七野」のビジョン&プラン発表、キャラクター紹介、秋田七野の販売など、農と市民のマッチング&認知度を高めるため、株式会社バウハウスに委託し、「秋田七野」誕生。


http://www.city.akita.akita.jp/city/ag/en/tiikitokusan/100529tanjou.htm

上下水道局
○『水乃 環太朗(みずの かんたろう)』こと『カンちゃん

 平成18年3月に上下水道局のマスコットキャラクターに採用された。
 この「カンちゃん's Room」では、カンちゃんプロフィールや活動を紹介した日記のほか、カンちゃんの様々なポーズを見ることができるギャラリー、壁紙のダウンロードなどのコーナーがある。

着ぐるみ有り

(追加)
消防本部 チュウシンジャー
平成24年11月、秋の火災予防運動中に秋田市防火安全協会のご協力のもと誕生したニューヒーロー「チュウシンジャー」。 明日の秋田を担う子供たちの小さな心に触れ合いながら火災予防と応急手当について普及啓発していきます。